はじめに

ビキニラインやブラジャー周りに黒ずみができて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?ボディラインをキレイにみせるためにきつく締め付けるような下着は、黒ずみを引き起こす原因となります。

今回は、ブラジャーやショーツなどの下着による黒ずみの予防・対策・解消方法についてご紹介します。

女子同士での温泉旅行や彼氏とのラブラブタイムに、ビキニラインやブラジャーのあたりに黒ずみがあるとキレイなスタイルも台無しになってしまいます。下着周りは普段は人目につかない部分ですが、いざ!というときのために、黒ずみを解消したいですよね。

美しいボディラインをキープするために、補正下着を身に着けていたり、締め付けの強い下着を着用し続けていると黒ずみは悪化し、その解消には時間がかかってしまいます。

まずは、現在着用している下着を見直して黒ずみを予防と対策をして、黒ずみ部分は日々のケアをしていけば自然と黒ずみ悩みは解消します。

今回は、下着周りの黒ずみの予防と対策、そして解消法についてご紹介します。

1.下着による黒ずみ発生の原因とは?

ブラジャーやショーツなどの下着は、ボディラインをキレイに見せるために体を締め付けるような仕様になっていたり、レースやリボンなどの装飾がある可愛らしいデザインのものが多く出回っています。

洋服や靴だけでなく、下着も可愛いものを身に付けたい!という女性の気持ちに寄り添ったデザインが、残念ながら黒ずみを引き起こす原因になってしまうことがあります。

 

下着による黒ずみ発生の原因は、「締め付け」「摩擦」の2つに分けられます。では、具体的にどのようなメカニズムで黒ずみが発生するのか詳しくご紹介します。

 2つ

下着の締め付け

デリケートゾーンは、皮膚が弱く肌トラブルを起こしやすい部位です。弱い皮膚部分周りを、補正下着やサイズの合っていない(一回り小さいサイズ)を着用していると、締め付けられている部分に下着の痕がついてしまいます。

締め付け下着を着用し続けると、皮膚はその圧力から肌を守ろうと皮膚を分厚くします。これは、肌を守る物質であるメラニンが大量に生成されることにより引き起こされる現象です。

 

メラニンは、普段は私たちの肌を健康に保つために働く必要不可欠な存在です。しかし、下着による締め付けという圧迫から皮膚細胞の破壊を防ぐために肌を分厚く頑丈にしようとメラニンは過剰に分泌され、古い角質に重ねるように角質を生み出してしまいます。これが皮膚を分厚くしてしまう原因となります。

メラニンは体内の細菌や真正細菌によって形成される色素です。皮膚が分厚くなる(古い角質層が溜まっている)、ということはメラニンが蓄積されている状態ということになり、メラニンの色素が沈着することに繋がります。これが黒ずみ発生のメカニズムです。

下着の摩擦

デリケートゾーンのゴムによる摩擦、そしてブラジャーのワイヤー部分による摩擦は皮膚にとって大きな刺激になります。

私たちは一日中じっとしていることはほとんどありませんよね。仕事や学校へ行って作業をしたり、トイレに行ったり、ご飯を食べたりと常に動いています。

 

私たちが体を動かすことで、下着は肌に摩擦を起こし続けています。

特に、ポリエステル等の化学繊維の下着は肌への摩擦力が強く、肌を守るためのメラニンが大量に分泌されます。

また、下着の縫い目や装飾による摩擦も黒ずみの原因となります。肌に合わない素材の下着、着心地の悪い下着を身に付けていると、かゆみを発生させる元にもなり、掻き続ける(刺激が続く)ことでメラニンが過剰に分泌されることも考えられます。

2.下着による黒ずみ発生を予防するには?

下着の見直し

下着見直し

まずは、現在着用している下着の見直しから始めましょう。
・締め付けが強い下着(補正下着含む)は極力控える

・アンダーバストの紐やワイヤーの幅が広いものを選ぶ

(ワイヤーレスのブラジャーはより効果的です)

・自分に合うサイズの下着を身に付ける

・綿100%、オーガニックコットン、シルクなど、下着の生地を化学繊維のものから切り替える

・女性用ボクサータイプのショーツを着用し、ビキニラインの刺激を軽減させる

・縫い目が荒く、デコレーションが皮膚をこすれるような下着の着用を控える

 

これらを実践することで、肌への刺激は軽減され過剰なメラニン生成されることを防ぐことができます。また、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を正常に働かせることにより、古い角質を自然に剥がれ落とすことにも繋がります。

保湿ケア

潤い

ターンオーバーが正常に働くことで、古い角質は剥がれ落ち、新しくきれいな皮膚が生まれます。ターンオーバーには乾燥は対敵!肌に充分な潤いがないと、ターンオーバーは正常に働かなくなりせっかく下着の改善をしたのに、乾燥により角質の自然な剥がれを阻止してしまいます。

気になる部分の洗い方や保湿方法の手順について

肌の乾燥を防ぐための保湿ケアの方法について、お風呂で体を洗うところから手順をご紹介します。

1.お風呂では、デリケートゾーンをキメ細かいホイップのようなふわふわ泡でやさしく洗いましょう。特にデリケートゾーンは臭いが気になるからといって、ゴシゴシ洗ってはいけません。肌の負担を考え、丁寧にやさしく洗いましょう。

2.お風呂上がりに水気を切るタオルは、なるべくやわらかい素材のものを利用し、水分を吸い取るように優しく肌に当てるようにして拭きとりましょう。

3.顔に化粧水や保湿クリームを塗るのと同じように、デリケートゾーンやブラジャーの痕の部分にも十分な保湿をします。顔もデリケートな肌の部位ですが、ショーツ周りやブラジャー周りの肌もデリケートです。やさしく馴染ませるように保湿ケアをしましょう。

冷え性対策

冷え性

冷え性はターンオーバーを邪魔します。

私たちの体には多くの血管があり、必要な栄養素を細胞に送り出す役割である動脈があります。

そして新陳代謝により出た老廃物を運ぶのが静脈やリンパ管です。栄養素を各部位に送り出し、体に不要な老廃物を排出するというサイクルが正常に機能している、ということは肌の新陳代謝であるターンオーバーも正常に機能しているということになります。

しかし、新陳代謝が悪いとこのサイクルが乱れ、それに伴いターンオーバーも正常に働かなくなります。冷え症は、血液の流れを悪くし新陳代謝のサイクルを乱してしまい、結果的にターンオーバーも正常に機能せず、古い角質層が自然に剥がれ落ちずに溜まっていってしまいます。

 

肌の黒ずみの予防、解消には冷え性対策が不可欠であるということです。

冷え性改善方法について

冷え性を改善するために、体を温めたり温かいお茶を飲むようにしたりと意識した行動をとっている女性は多くいるでしょう。冷え性対策について、いくつか例を挙げます。

【食生活の改善】

レンコン ごぼう

レンコンやゴボウなどの根菜類、ホウレンソウやブロッコリーなどの青菜類、豆類には体を温める効果があります。特に寒い冬には進んで摂取するようにしましょう。

また、朝起きた時に体温よりも少し温かい程度の白湯(さゆ)を飲むことも効果があるといわれています。

朝は体が一番冷え切っている状態です。白湯を一杯飲むことにより、胃腸の働きが活発に働き、熱が生まれて温まりやすい体をつくることができます。

【お風呂での改善方法】

半身浴

冬の寒い時期でも面倒だからといってシャワーだけで済ませていると、体を冷やす原因になります。

毎日は難しい、という方は週に2~3回程度でも良いので「半身浴」をおすすめします。38℃~40℃程度のぬるめのお湯に20分程度浸かるだけでも効果があります。体の内側から温めることも大切ですが、外側からも温めましょう。

【運動】

ジョギング

軽いジョギングやウォーキング、ヨガやストレッチを毎日少しずつ行うと体が温まり血行が良くなります。筋肉がつくので、脂肪を燃焼しやすくダイエットにもなるので一石二鳥です!

3.黒ずみ部分の解消法とは?

医師

 

黒ずみはしっかりしたケアと日々の心がけで徐々に薄くなっていきます。

自宅でできるセルフケアとしては、

・古い角質を除去するピーリングと保湿

・漂白効果のある「プラセンタ系成分」やターンオーバーを促進させる「トレチノイン」という成分のケア商品の使用

などが挙げられます。

特に効果の高いの「ハイドロキノン」が入っているケア商品はあまり多く存在しません。

黒ずみバイバイは色々な化粧品会社やスキンケア関連のケア商品を調査し、その商品の中で一番おすすめなのが透肌美活セットです。

ハイドロキノン

「ハイドロキノン」と「ビタミンC美容液」の透肌美活セット

今だけお試し価格になっているので、黒ずみをすぐに治したい方は上記から公式サイトに行けますので、詳しく見てみることをおすすめします。

ただしデリケートゾーンにハイドロキノンの使用はおすすめしません。その理由はコチラに記載しています。

以上のように、黒ずみの進行状況に合わせて、セルフケアのみで改善するか専門の施設での施術を受けるのかを選びましょう。

4.まとめ

やったー

見えない部分の黒ずみも、やはり気になりますよね。水着を着たり、温泉旅行へ行ったりしたときに黒ずみがあると不衛生に見えたり痣があるように見られてしまうのは恥ずかしいものです。まずは、下着の見直しや食生活の改善などのセルフケアから始めましょう。

 

黒ずみは長い間の角質蓄積とメラニン色素沈着の結果です。それを改善するには、同じかそれ以上に時間がかかるということを覚悟して地道に努力すれば必ず改善します。

 

いつでもどこでも、誰にでも見せられるキレイな肌を目指して今からでも黒ずみケアをスタートしましょう!