美白化粧品を使う

黒ずみ改善のための様々な化粧品

肌の黒ずみを白くするするためには、美白クリームを使うのも一つです。
夏になれば日焼けもしやすくなるため、ホワイトニング化粧品に切り替える女性も多く見られます。
美白効果のある成分を含みますから、清潔にした肌に塗布することで、ホワイトニング効果を期待するという方法です。
市販の美白化粧品は、医薬品ではないですから、即効で白くなるというものではありません。数ヶ月レベルで、長い目で見て使用していき、肌の生まれ変わりのサイクルを順調にしていく上で、美白の効果も期待をしていくことになります。
美白化粧品については、成分として強いタイプもありますから、使用前には自分の肌に合うかどうかパッチテストをしておくと安心です。

新陳代謝を高める

黒ずみ解消のためには、肌の新陳代謝を高める必要もあります。
黒っぽい肌は皮膚が硬くなっていることも多いですから、それだけ新陳代謝が良くない証拠でもあります。
肌サイクルが順調に行われていなければ、古くなった角質は蓄積してしまい、新しいキレイな肌にはなかなか生まれ変わりができません

ピーリングを使う

黒ずみ改善のためのピーリング石鹸

そこで代謝を促進させるために、ホームケアとして、市販のピーリング剤を使用する方法もあります。
医療機関で使用するような強力な医薬品ではなく、市販のソフトなタイプです。
週に1回くらいのケアを実践してみるといいです。手軽なタイプなら、ピーリング石鹸などを使うこともできます。
黒ずみを白くするために、美容系の医療機関で治療を行う方法もあります。簡単にできる美容クリニックでの美白治療としては、ホワイトニング効果が期待できる医薬品を処方してもらう方法です。

ハイドロキノンを使う

ホワイトニング効果がある医薬品では、ハイドロキノンもそのひとつであり、肌の漂白剤とも言われています。紅茶とか麦芽、いちごなどのベリー類にも含まれる天然の成分です。メラニンを還元する美白効果としては、コウジ酸とか、アルブチンなどと比較をしてみると、実に10倍から100倍のパワーを秘めています。ハイドロキノンを処方してもらう時には、ドクターの説明をよく聞いて理解した上で、使用方法を守りながら治療をしていくことです。

黒ずみ対策のため美白クリームを塗る女性

ハイドロキノンを肌に塗ったら、そのまま直射日光にはあたらないようにしましょうかえって肌の色が黒くなる可能性があるためです
ハイドロキノン使用期間は、紫外線対策を怠らないことです。自分で自宅でできる簡単なケアですから、地道に続けることができます。
だいたい1ヶ月から2ヶ月程もすれば、肌の色には変化が見られるようになってきます。

エステサロン・クリニックで脱毛をする

 

黒ずみ改善をし赤ちゃんのような白い肌を手に入れる

他にも黒ずみを白くしていく方法として、エステサロンや美容クリニックで、脱毛をするのも一つです。
エステサロンで使用されている脱毛マシンは、元はといえば美顔器です。
肌への照射によって皮膚の細胞は活性化されて、肌サイクルも順調になれば、新しく白いキレイな肌への生まれ変わりも順調になります。
クリニックでの脱毛も同様で、肌の細胞を活性化させます。

エステサロンについての詳細はコチラ→