毛穴に皮脂が詰まって、そのまま取れなくなってしまっている角栓をそのまま放置していると、やがてはニキビに進行してしまいます。
ですので、できるだけ白ニキビの初期段階で綺麗に取り除くことが大切です。
大きめの薬局には、洗顔剤だけでなく、角栓を取りだす専用の器具も売っています。
皮脂詰まりを起こしやすいニキビ肌の方は、薬局で購入しておくことをお勧めします。

角栓対処は薬局で可能

悪化した角栓を気にする女性

角栓をそのまま放置しておくと、ニキビにならなくても、ほくろのように黒く目立つようになってしまいます。
また、そのまま固まってしまうこともあります。
そうすると、毛穴はどんどん広がって黒ずみができてしまいます。
一旦広がってしまった毛穴を元の状態にまで引き締めるのは至難の業です。
まだ角栓が柔らかい状態で取りだしておけば、毛穴も元に戻りやすくなります。

また、角栓除去ケアで持っていれば便利なアイテムは他にもあるので、薬局で全て揃えておいて、下準備が整ったうえで処置を行えば、トラブルを起こすことなく綺麗な素肌に戻すことが出来ます。
例えば、スキンケアに必要な化粧水や清潔なタオルも薬局で揃えておきましょう。

薬局で買えるアクネプッシャー

アクネプッシャーのイメージ

そして薬局にある専用の器具は、アクネプッシャーと呼ばれるもので、平らな板状のステンレス製の棒で、先端に詰まりの頭が見えるような穴が開いています。
詰まっている毛穴の周辺にセットして、軽く圧を加えれば穴から角栓が飛びだします。

飛びだした皮脂詰まりを引き抜くピンセットや、そういった器具を消毒するエタノールも薬局で揃えておきましょう。
皮脂詰まりを取りだす処置は意外と難しく、間違った処置を行ってしまうと、皮膚へは消せない深刻な痕を残してしまうことにもつながりかねません。

正しく取りだすことが出来れば、皮膚科へ行く手間も省け、薬局で買うだけで自分でニキビケアが出来ます。
ただし、無理やり絞りだしてしまうようなことをすれば赤みなどの色素沈着が残ってしまったり、毛穴からばい菌が入ってひどく炎症してしまったりと、毛穴詰まりよりも余計に目立つ状態になってしまいます。
ですので、薬局で下準備をしっかりと行ったうえで正しくケアをしましょう。

皮膚科

自分ではうまく行えそうにないと感じるのであれば、無理をせず、皮膚科で処置を受ける方が無難です。
皮膚科ではニキビ治療の一環として、皮脂詰まりを除去してくれるので、自分で傷をつけてしまうよりも安全です。

そして、詰まりを無事取りだすことに成功したら、そのあとの開いた毛穴をしっかりと閉じることが大切です。
この処置を正しく行えていない人がとても多く、これが開いたままの毛穴になってしまったり、またすぐに詰まりを起こすようになってしまったりと、肌トラブルを繰り返す原因になっているのです。

角栓処置のワンポイント

詰まりを取り除いてすぐは、目で見てもわかるくらいにぽっかりと穴が開いてしまっている状態です。
なので、ばい菌が入らないように早急に冷却し、肌の引き締めケアを行いましょう。
冷たくした保湿ローションでコットンパックをするのがおすすめです。
薬局で購入したアクネプッシャーで押した炎症も抑えられ、毛穴が締まり、保湿効果で肌がふっくらと立ちあがるので、毛穴が目立たなくなります。