角栓は一度除去しても、同じ生活習慣を繰り返していくうちに再び毛穴が詰まってしまいます。
するとニキビの原因になりますし、角栓が詰まった皮膚は目立ってしまいます。
また、改善しなければ炎症状態になって更なるトラブルが引き起こされます。
美しい肌の女性であるために、大切な角栓予防をご説明します。

角栓予防ポイント

角栓を予防するためには、3つのポイントがあります。

角栓予防ポイント①

野菜たっぷり

まず食事を改善して予防することです。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴に皮脂が詰まります。
最近は食事が欧米化されて、肉や油を多く使用した料理が増えて、野菜や海藻類から摂取できる栄養素が不足しています。

よってバランスの悪い食生活をしている人は、脂っぽい肉中心の食事から、野菜たっぷりのヘルシーな食事に変えるだけでも予防効果があります。
不規則な時間帯に食事を取ると、ホルモンバランスが崩れやすいので、予防するには1日3回の規則正しい食事を心がけます。

また糖分の摂り過ぎにも注意します。
糖分を分解するビタミンB群は、皮脂の分泌にも関係しています。
糖分を分解するために多くのビタミンB群が消費されると、皮脂の過剰分泌を抑制する栄養素がなくなって、油分と水分のバランスがコントロールできません。
食事からビタミンB群を補えない場合は、マルチビタミンのサプリメントを服用して予防します。

角栓予防ポイント②

睡眠で肌を整える

次に角栓予防には、肌のターンオーバーを整えることが必要です。
肌のターンオーバーは睡眠中に行われています。
睡眠不足になると、代謝が十分に行われずに古い角質が肌に残って、角栓ができます。
睡眠時間はただ長いだけでなく、質の良い睡眠が重要なので、枕は自分に合った高さを選びます。
寝る前に携帯電話やパソコンの光を見ると眠りが浅くなるので、1~2時間前から使用を控えます。

質の良い睡眠は疲れやストレスの解消につながり、自律神経を整えるので皮脂の過剰分泌を予防します。
さらに適度な運動は、新陳代謝を促進するので肌のターンオーバーが活発になります。
激しい運動よりも、ウォーキングなどの有酸素運動の方が毎日続けられて、質の良い睡眠にも効果があります。
日頃から運動をする機会のない場合でも、エレベーターでなく階段で移動したり、ひとつ前の駅で降りて歩いて帰ったりすることで、定期的に運動を行えます。

そして、角栓の原因とされるのが活性酸素です。
活性酸素は老化を促進する作用もあるので、美肌のためには除去することが望ましいです。
タバコやアルコール、ストレスによって活性酸素は増加します。
禁煙や禁酒はストレスを感じやすいので、運動でリラックス効果を引き出し予防ができます。

角栓予防ポイント③

化粧水

そして毛穴を引き締めることで、角栓を予防します。
ビタミンC誘導体を配合した化粧水は、毛穴を引き締めるのに最も効果的です。
また氷や冷却水を肌に当てるのも有効です。

皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は朝も洗顔料を使いますが、乾燥しやすい肌質には朝はぬるま湯で洗顔します。
できるだけ肌は清潔にした方が良いですが、洗顔のしすぎで必要な皮脂まで洗い落とすと、不足した油分を補うために毛穴が開いて皮脂の分泌が増えます。
さらにエアコンを使用している部屋は乾燥しているので、皮脂が気になった時でもあぶらとり紙ではなくティッシュで軽く拭き取ります。