tデリケートゾーンと呼ばれるIゾーンやVゾーンの黒ずみ対策、きちんとできていますか?

普段は隠れて見えないからといって、いざという時に黒ずみが目立っていると焦ってしまいますよね。

また、下着のラインに沿って黒ずみを発見したらショックです。
デリケートゾーンの悩みは女性ならではですので、ちゃんと原因を知り効果的な治療を施すのが大切です。
ここでは症状に合ったおすすめのクリームや、Iゾーン、Vゾーンをキレイにする専用ケアをお届けします。

Iゾーン、Vゾーンの黒ずみ解消法

生活の中での刺激を減らそう

重要

黒ずみは、摩擦などによっても出来てしまうため、できるだけ刺激を少なくすることが大切です。
バスタイム意外を考えると、ほかは下着など何かしらの衣類からある程度の刺激を受けることになります。

ですから、普段身につける下着類は、自分にフィットしているものか、形やサイズや素材まで見直してみるとよいでしょう。
もしもサイズにマッチしていない、身体を締め付けるようなタイプであれば、肌に協力にあたる部分などは黒ずんでくる原因となります。
シルクやコットン素材などは通気性も良いですし、刺激も少ないですよ。

ビキニラインの部分が黒っぽい場合には、デザインとしてもボクサータイプを選んでみるのもよいでしょう。
その形のショーツを着用したほうが、肌とも擦れにくいですから、肌の黒さを悪化させない対策となります。
24時間という長い時間を共にする下着や衣類ですから、選ぶときには素材をキチンと考えながら選択をしていきましょう。

ホワイトニングのクリーム

ホワイトニングクリーム

IゾーンやVゾーンのデリケートゾーンには、普段のお手入れでは、ホワイトニング成分配合の美白クリームを使うのも良い方法です。
IゾーンやVゾーンはメラニン活性としても高いゾーンであるため、肌も黒っぽくなりがちです。
フェイス用の美白クリームを顔に使うと、効果はわかりやすいですが、デリケートゾーンに使った場合即効での効果はわかりません。
しかし、時間はかかりますが変化は現れてきますから、とにかく根気よくホワイトニングのケアを継続することが大事です。

現在おすすめの陰部ケア商品

本格的に黒ずみを治したいなら

ピューレパールは保湿と美肌も兼ねた、いわば万能クリームという印象が強いのですが、
しっかりと陰部の黒ずみを治したいということでしたら、薬用イビサクリームが断然おすすめです。

イビサクリーム

イビサクリームは陰部・デリケートゾーンの黒ずみを治すために開発されています。

薬用イビサクリームの詳しい説明はこちらline

陰部の黒ずみ改善+保湿などトータルなケアをしたいなら
黒ずみ専用クリーム「ピューレパール」
py-re

ピューレパールは陰部の黒ずみに使用できる美白クリームの効果ナンバーワンの商品です。
上記に記載したことを意識してこちらの商品を使用すればほとんど改善されます。

 

ピューレパールは非常に美白成分も含まれている美白クリームなどで、
陰部はもちろん、脇や乳首等にも使用できる商品です。
保湿効果も高いので、これを使用すれば保湿も兼ねることができます。

ピューレパールの詳しい説明はこちら

line

市販のホワイトニング化粧品は、効果としてはゆっくりですから医療機関に頼ってみるのもひとつの手段です。
美容皮膚科で相談をして、ホワイトニング効果のある医薬品を処方してもらうといった方法もあります。
医療機関では、レチノイン酸クリームや、ハイドロキノンクリームなどの処方をしてもらうことができます。
クリーム以外にも、クリニックでのレーザー脱毛により黒ずみ解消効果が期待できます。

特にVIOは脱毛すると黒ずみが目立つ部位【体験談】

サラリーマン女子

格段、VIO(デリケートゾーン)は脱毛すると黒ずみが目立ちます!
お肌の黒ずみで、一番苦悩の声が殺到しているのがVIO(デリケートゾーン)です。
特に脱毛をスタートしてから毛がなくなってくると目立ってくる部位なので、脱毛するまでは特に気にしていなかった人も、目に見えて目立ち始めてから悩んでいるという方もいるのではないでしょうか?

そもそも、VIO(デリケートゾーン)の黒ずみの原因は何なのでしょうか?
正直言ってこれはハッキリとした原因はわからないそうです。
ですが、いくつか「これが原因なのでは?!」とされていることがあるのでご紹介します。
脱毛を考えている人はこの話を脱毛前に知っておくと、また日頃の御手入れ法が変わってくると思いますよ。

★日本人は黒ずみしやすい
驚愕
黒ずみの原因とされているのは主に、メラニンによる色素沈着です。
実は日本人はこのメラニンの保有量が多い人種で、ホルモンの関係などで年齢と共に沈着していく傾向があります。
ガラスハート肌質や体質などの個人差はありますが、日本人で黒ずみがあるのはとても自然なことです。
またVIOは、『デリケートゾーン』と呼ばれるだけあり非常に肌が敏感な部分でもあります。
どれだけデリケートかというと、下着などでの摩擦でも黒ずみは起こってしまうほどです。
とんだガラスハートですね。
こちらに関しては、後ほど詳しく説明していきますが下着と同様に、肌への刺激による原因として『自己処理による脱毛』があります。

脱毛の方法によっても違ってきますが、「毛を抜く」ことや「剃る」と言った肌への負担が大きい自己処理を繰り返すとますます黒ずみが進行してしまうのです。
このサイトでたびたび自己処理の怖さについて書いていますが、自己処理は本当に良くないと思います。
また不衛生な環境によって起こる炎症も、黒ずみの原因とされています。 生理用品を取り替えないで長時間使用したり、汚れたままの下着を何日もはき続けたりして、デリケートゾーンが不衛生な環境の中で炎症が起きてしまい、それが黒ずみへと繋がっていきます。

遊び人 「いやいや私は毎日下着を変えています!」と自分が清潔だと思っていても、一度でもかぶれたことがある人はひょっとしたら不衛生な環境にしていたのかも。。。です。
よく「チャラい子は黒ずんでいる!」「経験人数が多いと黒ずむ」と言うのは、全くのデタラメで妄想だと思います。
信じる必要はまったくないですし、医学的にも証明されているので何も心配する必要はありません。

●毛抜きやシェーバーなどによる自己処理で肌へ負担を与えることを継続し続けること
●不衛生な環境で肌への負担を激増すること

これらをやり続けてしまうことで、黒ずみはどんどん濃くなる一方です。
そのような状況を発生させないためには、ただ単にVIO脱毛をして自己処理をしなければ良いのです。
そうすることにより肌への刺激は少なくなりますし、清潔に保持しやすくなります。
ただ、もう手遅れの状態で、今更脱毛をはじめてもとっくに肌が黒ずんでしまっている場合もあると思います。
そうなってしまうと、一度、黒ずんでしまったらもう白には戻れないのかと、嘆きたくなると思いますが、その辺は大丈夫です。
脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは『脱毛と同時にお肌の黒ずみをお手入れ』できるようなサービスやケア用品も導入しています。

日常生活でのVIOの黒ずみ改善方法について

パンツ

最もお手軽にできてしまうのが、毎日の生活の中で生じる刺激を出来る限り消滅することです。
実は入浴時を除くと、VIO(デリケートゾーン)は1日中、下着や衣類による刺激を受けています。
生理中などはナプキンなどの刺激、ムレもあるので、よくかぶれてしまうという人もいるのではないでしょうか。
下着なので、ここで一番大事なのは自分に合った下着のサイズやスタイル、素材を今一度見直してみることでしょう。
サイズがきつくて締め付けの強いスタイルのもの、下着を取ったときに肌に跡がつくものだと、強く当たるところが確実に黒ずんでしまういます。

それから、下着の素材は、綿(コットン)や絹(シルク)など吸湿速乾加工されている繊維がおすすめです。
VIOゾーンへの刺激が少なく通気性もいいので生理中のムレに効果抜群です。
ボクサーパンツ Vラインの黒ずみが気になる場合は、下着の形含め女性用のボクサータイプのショーツがこすれにくいので二重丸です。
また、ボクサータイプですと、足を通す部分のゴム部分も、太ももラインまで来てゴムではなくなるので、とても良い履き心地です。
私もボクサータイプのパンツをいくつか持ってますが、無二の欠陥といえば、お尻に食い込みやすいところです。

パンツ選び

さらにVIO(デリケートゾーン)の脱毛をしている人は良くわかると思うんですが、脱毛時に毛を処理してしまうので脱毛後、普通のパンツ履いていると毛が生えてきた時に、下着のゴムの部分が当たってすごくかゆくなってしまいます。特に私は肌が弱いので、Vラインが赤くなってしまって、歩いてる時でも気になって困ってしまいました。
しまむら サロンの人に相談したら、そういう場合は、ボクサータイプの下着が良いと進められたので、その足で「しまむら」(ファッションセンターしまむら)に行きました。
最近ですと、女性用の可愛いボクサーパンツがたくさん販売されているので、普通にオシャレとして楽しむことも出来ますよ。

ユニクロやGUなどにも低価格で売ってるので、もし同様のお悩みを抱える人が読んでいたら、今すぐしまむらorユニクロ、GUに走って下さい!!